2012年10月16日

住信SBIネット銀行劣後債

住信SBIネット銀行劣後債の仮利率が決定されました。
10年という長いスパンなので、SBI債よりも高利率を期待しましたが、そうでもないですね。
SBI債の抽選で外れた人をこっちに呼び込もうという作戦なのでしょうか?!
最近の債権の利率は、投資対象としては、ちょっと物足りないですね。


興味深い記事や参考になる記事があった時に、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村




詳細は次のとおりです

商品名
住信SBIネット銀行株式会社第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)

利率
(1)2012年11月2日の翌日から2017年11月2日まで
1.10%〜1.70%(需要状況を勘案したうえで、2012年10月18日に決定する予定です)

(2)2017年11月2日の翌日以降
各利息計算期間の開始直前の利息支払期日の2日前のロンドン銀行間市場における6ヶ月ユーロ円ライボーに(2.20%〜2.80%)(需要状況を勘案したうえで、2012年10月18日に決定する予定です)を加算したレート

お申し込み単位(予定)
額面10万円以上、10万円単位

募集期間(予定)
2012年10月18日(木)〜2012年11月1日(木)

募集価格・償還価格
額面100円につき100円

払込期日(予定)
2012年11月2日(金)

利払日(予定)
毎年5月2日及び11月2日

償還日(予定)
2022年11月2日(期間10年)
※本社債の元金は2017年11月2日に額面100円につき100円の割合で期限前償還することがあります。

格付
A-(JCR)【JCRより取得予定】

期限前償還条項
本社債の元金は、その全部を金融庁の事前承認を得たうえで、2017年11月2日以降のいずれかの利払日に、各社債の金額100円につき100円の割合で期限前償還することがあります。

劣後特約
本社債は、劣後特約付社債であり、以下に示す事由(劣後事由)発生時以降は発行者の一般債務が全額弁済されるまで元利金の支払は行われません。
(劣後事由)
(1)日本の裁判所による発行者の破産手続
(2)日本の裁判所による発行者の会社更生手続開始
(3)日本の裁判所による発行者の民事再生手続開始
(4)日本以外の法域で適用のある法に基づく、発行者の上記@ないしBに相当する破産、更生、民事再生、その他同種の手続


興味深い記事や参考になる記事があった時に、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村



posted by よっすっけぃ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする